History of Our Activities

| コメント(0) | トラックバック(0)
私たちは、これまで3回のパネルディスカッションを企画してきました。

  1. 宮地充子,前田俊行,柴山悦哉,鵜飼裕司,大久保隆夫,金子浩之,岡村久道,吉岡信和:『日本の情報基盤を安全にする―セキュリティ標準化の動向と今後―』, 第164回ソフトウェア工学・第45回コンピュータセキュリティ・第13回組込みシステム・第4回情報セキュリティ心理学とトラスト研究グループ合同研究発表会,2009.5
  2. 椎木孝斉,須賀祐治,大久保隆夫,鵜野幸一郎,宮地充子,吉岡信和:『セキュリティ事故事例から統合的な対策手法を考える』,50回コンピュータセキュリティ研究発表会,2010.7
  3. 大久保隆夫,須賀祐治,力武 健次,吉岡信和,竹森敬祐,竹森敬祐:『世界のセキュリティを目指す分野間連携』, コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS 2010), 2010.10

これらのパネルを通して、様々な分野の専門家たちとの連携の重要性を認識し、連携するための方法、課題などを模索してきました。その結果、まずはボトムアップな連携のきっかけを作る場が必要という結論にいたり、WC Sec Forumの開設となりました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yoshioka-lab.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/20

コメントする

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

このブログ記事について

このページは、Nobukazu Yoshiokaが2010年10月29日 16:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「How to join WC Sec Forum?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。